2021年6月15日火曜日

37年ぶり!?

息子二人が通う伊東商業高校野球部が

なんと!春季大会の県大会に出場することが出来ました!

37年ぶりとのことで、これもまた驚きでした。

各新聞にも取り上げていただきまして

本当にありがたいです。

伊豆新聞の記事です

4月24日に清水庵原球場にて静清と戦い

押し出し死球で2-1のサヨナラ勝ちをし

創部59年目で県大会初勝利!!

観客席もみんな大興奮でした。

静清戦

翌日25日は優勝候補の掛川西との対戦。

スカウトマンも注目するピッチャーがおりまして・・・

そのスピードに打線は全く歯がたたず・・・

残念ながら負けてしまいました(T_T)

しかし、東部地区の高校が県大会に出場した、ということが

多少なり地元を盛り上げ、2023年には伊東高校との

統合も控えていることもあり、地元の高校も頑張ってると

いうことが少しでも伝わればいいなと思います。


7月には夏季大会、最後の大会があります。

現在は伊東高校校舎に通い、夕方商業グラウンドまで

移動をしての練習。大変なこともあるけど

残りの野球生活を仲間と思いっきり楽しんでもらいたいと

願うばかりです。

頑張れ!伊東商業高校野球部!!


高坂






 

2021年6月11日金曜日

デカい!!

この時期になると毎年頂いている物があります。

そして毎回思うのが「でかすぎ!!」

とても大きなサザエです。


 



川奈でとれるみたいですが

どこにいるんでしょうか・・・謎です 

刺身・サザエご飯・つぼ焼き(普通サイズ)にして頂きました

ごちそうさまでした。

来年もよろしくお願いします。

大野





2021年6月3日木曜日

バラとウメ


今年の梅雨入りは早かったですね。

梅雨入りが早いと梅雨明けが早いかというとそうでも

ないようです。

タイトルの「バラとウメ」の共通点は?

答えは末尾に。


 裏庭でショッキングピンクの春バラが咲きました。


先日、裏山で大梅を収穫しました。

剪定もせず、放ったらかしの木です。

6キログラムありました。

愚妻が梅干しにし、私の弁当にのります。

こちらは少し前に収穫した小梅です。

梅干し作成中です。

バラとウメの共通点はどちらもバラ科でした。

秋津


2021年5月30日日曜日

薪能

 こんにちは。

先日、友人と薪能を見てきました。

能や狂言を見るのははじめてでしたが、

とても楽しく見ることができました。


薪能は世界で唯一とも言われる水上舞台で、

東海館を背に松川湖で行われています。


まず、伊東市内の小中高校生で「伊東子供能」が行われました。

小学生は可愛らしく、

中・高校生は中高生らしさも見せながら大人っぽくも見え、

この先の演技を見るのがととても楽しみに感じました。


そして、休憩の後に火入れ式が行われました。

能組では仕舞と狂言と能が行われました。

狂言は「佐渡狐」

演者のうちシテと呼ばれる奏者は人間国宝の野村万作さん。

他の二人の演者との掛け合いの間が絶妙で、

あまり詳しくない私でもとても引き込まれました。


そして能は「羽衣」

こちらは舞台が三保の松原ということでした。

この頃から強風が吹いてしまいましたが、

シテと呼ばれる主人公は

その風にも怯まず最後まで舞い続けました。

そしてしての着物がとても華やかで

幽玄な舞台に映えていました。


私には能は難しかったのですが、

これからいろいろな舞台を見ていきたいと思いました。


この演目の解説で月世界のお話があり、

月世界の宮殿には白衣と黒衣の天人が15人いて、

日ごとに一人ずつ入れ替わって奉仕し、

白衣の天人が15人が揃うと満月に、

黒衣が揃うと新月になり、

30日で月の満ち欠けを表すということでした。

この日は10人か11人が白衣として奉仕している

と言っていたような気がします。

そうして月を見るとこれも風情があります。


とても楽しい一日を過ごすことができました。

佐藤

2021年5月17日月曜日

デスクと棚

次男が横浜で一人暮らしをはじめるのに
アパートを借りました。
何件か見たのですが
横浜はやはり家賃が高い!
その中でもきれいで安い物件を探し
きれいだけど狭い物件になりました。
6畳とロフトが3畳位
風呂とトイレは別
それでも高い!


6畳間に謎のスペース
ここにデスクを置きたいとのことで
アパートで寸法とフリーハンドで図面をつくり

自宅にてDIY開始


寸法通りにカットし
部屋に合う色を塗り


アパートで組み立て。


こんな感じで仕上がり


私が自宅で使っているパソコンの3倍の値がするノート


収納が少ないのでキッチンの横にも棚を作成


なにしろ狭い。
学生だから仕方ない。


こんな感じで収まりました。
(我ながら上出来)

次男は今、一人暮らしを満喫しているでしょう。
最初だけだと思いますが
料理も結構やっているようです。

ゴールデンウイークも帰って来なかったので
少し寂しかったですが
コロナに気を付けながら
学生生活を楽しんでもらいたいと思います。

              佃(知)